乙女ドルチェコミックス

書籍詳細

  • 公爵様の読書係り夏咲たかお書影2

公爵様の読書係~手探りの愛撫~

夏咲たかお
原作:白石まと

2015年1月17日発売
ISBN978-4-596-99102-7
定価 731円+税

あらすじ

好きになっていいの? 夜ごと淫らに私を求める公爵様。
なのに、翌朝にはそんな素振りを見せないなんて…あれは夢?
「僕のものになってくれ。君が欲しい」
公爵家の長男ギルバート・ボーンフォードの読書係をつとめることになったフィアナ。ギルバートは事故で家族を亡くし、彼も一時的に目が見えない。それでも毅然とした態度で公務をこなしフィアナに優しく心遣いをみせる彼に、フィアナは心惹かれていく。しかし病弱な母を盾に、ギルバートの伯父から公爵家にある指輪を探せと脅されフィアナは思い悩む。そんなある晩、眠れないと言って部屋にやってきたギルバートに体を求められ…。
■みどころ■
信じられない。私ギルバート様に口づけされてる。どうして?これも薬のせい?
「フィアナのここは敏感だ…」
「いけません、お願いっ」
いけないとわかっているのに、体が反応してしまう。

キャラクター紹介

フィアナフィアナ・カーライル(フィアナ・エルド)

没落したエルド伯爵家の娘。身分を伏せてボーフォード家で働くことに。

公爵様ギルバート・ボーンフォード

次期公爵。馬車の事故で家族を亡くし自身も目に傷を負ってしまう。

ランドルフジェラルド・ランドルフ伯爵

フィアナの身元保証人。フィアナにある命令を出し…。

pagetop